MEMORABILIA JAPANESE SPECIAL EDITION !!!

※本記事は2013年3月のものです。

この度ノベルサウンズ様より、昨年2012年夏にリリースしたアルバム「MEMORABILIA」の日本国内盤を3月20日ライセンスリリースして頂く運びとなりました。
http://novelsounds.jp/newrelease/newrelease-bisk.html

BISK / MEMORABILIA
ARTIST:BISK
TITLE:MEMORABILIA
TRACK:LP・11曲(+特典CD-R・11曲
DATE:2013年3月20日発売
LABEL:shhhh records/Novel Sounds
CAT No.:UNS-037
PRICE:¥3,200(税込)
FORMAT:LPレコード(ダウンロードコード・特典CD-R付き)
※ライナーに記載されているURLとダウンロードコードにより、MP3(320kbps)を入手可能、本作の内容はレコードプレイヤーをお持ちでない方もお楽しみ頂けます。

Novel Sounds ShopZooooo.jpTOWER RECORDSdisk union

<帯コメント>

I have been a fan of Bisk for many years and the new album “Memorabilia” is a wonderful journey into his playful, funky world. Tracks like “Distortion Field” and “Detachment” fuse together many interesting musical elements that I have never heard before. This album is so refreshing to listen to from beginning to end. One of my favorite releases I have heard this year by far!
僕は長年BISKのファンなんだ。新しいアルバム「MEMORABILIA」は、ファンキーで遊び心に満ちた世界への素敵な旅。「Distortion Field」(M-5)や「Detachment」(M-9)は、今まで聴いたことのないような様々な面白い要素が融合されている。そしてアルバムの最初から最後までとてもワクワクしながら聴いていられる。間違いなく今年のフェイバリット!
Richard Devine

Very Original! A super fun and funky album!
とてもオリジナルだ!最高に楽しくファンキーなアルバム!
kid606

Bisk is not of this earth. He came from out of nowhere with sounds, ideas and concepts we’d never heard before. If his music bears resemblance to any other, it’s completely alien to us. No matter how completely he transforms himself, he continues to influenced, inspire & mystify us.
BISKは僕たちの聴いた事の無いサウンド、アイデア、コンセプトを持って、この地球ではない、どこからともなくやってきた。もし彼の音楽が他の音楽と似ていたら、全く惹かれないだろう。彼はどんなに変容しようとも、常に僕たちに影響と刺激を与え続け、そして惑わせ続ける。
Phoenecia

敷き詰められたビート、更に縫い込むようにうねる音の数々。
完璧に秩序化された混沌は全てフロアの為に。
最も尊敬する電子音楽家の一人である氏の復活に心から拍手を送る事にする。
きっとそれさえサンプリングしてマッドなビートを奏でてくれるであろう。
dill

自己表現と戯れる音の詩人、BISKは実験室で閃光を放電させる。
分解してしまった音楽の裂目に、再びギミックを仕掛けるように。
黒色と白色を黄金に変えるように。
今夜も笑いと背徳を求めて、“Memorabilia”が漏れる迷宮のキャバレーへ。
COM.A

僕が初めてBiskの音楽に触れたのは弟から教えてもらった、
SubRosaからのファーストアルバム「Time」だったのを今でも鮮明に覚えてる。
当時、実験的な電子音楽で名門レーベルから世界に出てる日本人は稀であった事もあり、
その音楽的内容の素晴らしさも踏まえて存在が謎で、インパクトがあるアーティストとして
僕の中に存在し続けていた。
あれから10数年経って新作が突然リリースされて驚いた。
僕はBiskのアルバムは全部持っているが、どの作品も常に前作から進化し続ける事を
毎回驚きと共に感じてるが、今回も例外ではなくまた新たなステージに立ったようである。
初期に見られる音響彫刻のような電子音の構築、中期の現代音楽的なアプローチと
ボーカルのカットアップ、その後の黒いグルーブが入った世界観、
そのどれもが感じられるが、またどれとも違う新たな要素を垣間見れる新譜に
ワクワク感を物凄く感じる。
やはりこの人はハズさないし、この立ち位置で今後とも独自の世界を作って
くれることを毎回期待させられる稀有なアーティストであると確信した。
Joseph Nothing

<コメント>

異世界上の旅への道先案内をして欲しい、クラブミュージックを念頭に置く作り手には。
壊れてればいいってもんじゃない。壊れたフリしてればいいってもんじゃない。ノリやすけりゃいいってもんでもない。
作り手の興奮の鼻息が吹き荒ぶような革新的な音楽の上で波乗りしたい。
時代はいつでも今だ。今が正に未来だ。未来は正に今だ。
モダンとは何か? 真の勇ましい音楽はそれを感じさせてくれる。
BISKとか!「MEMORABILIA」とか!
suppa micro pamchopp

Novel Sounds ShopZooooo.jpTOWER RECORDSdisk union

[日本盤特典CD-R]

特典CDR

2012年にセルフデジタルリリースされた10曲入りのアルバム「Preparing for the next」を収録。
※現在は入手不可 ※再ミックス、リマスターを収録
さらに、FilFla、FourColorなどでも活動するサウンドアーティスト/コンポーザー杉本佳一が新しく始動させたハイブリッドなビートミュージックプロジェクト、Vegpherによる「MEMORABILIA」からのリミックストラックを収録!

Novel Sounds ShopZooooo.jpTOWER RECORDSdisk union

Virginフランスのレビュー

http://musique.blog.virginmega.fr/bisk-lapres-tsunami/

Translation with Google:

Bisk alias Naohiro Fujikawa was silent for a long time. without any explanation. His latest album “Moonstruck Parade” was released on the prestigious label Sub Rosa dated 2000. Here, finally, “Memorabilia”, the response of a hermit meet the impetuous kids Dubstep. It was worth the wait!

In full implosion of electronics and its derivatives “cocoonesque” Bisk created from scratch with only a mixture may be able to self-taught. Naohiro Fujikawa also admitted his status as a non-musician. Amateur jazz, hip hop, has this ability to recycle and paste dancing with hybrid cells, Bisk has produced three albums cults, “Time” in 1996, “Ticklish Matters” in 1998 and “Moonstruck Parade” in 2000 . At the time, this techno music fans who listen to his show are similarities with Atom Heart (Uwe Schmidt). It is also developing a high tech sound nevertheless somewhat removed from the aridity of artist like Autechre.

12 years later, Naohiro Fujikawa confesses that he wanted to come earlier but he was disillusioned by the clichés of IDM and the ease with which one could make geek strange compositions.
The tragic events in Japan, were helpless until unexpected outburst, a new album perky, funky, full of sound findings. There are here and there pitched MC samples processed despite them Mickey Mouse. There are low fleshy, a demonstrated expertise in construction, syncope to make him jealous producers ghettotech, UK Grime, crunk or even skweee. Each piece convene a rare and inventive approach humorous traits really absurd in the middle of the current clubbing. Therefore highly recommended!

You may also like...