Category Archives: Production Notes

sx-wd30

JVCのウッドコーンスピーカー SX-WD30 が最高だった

JVCのウッドコーンスピーカー SX-WD30を導入。前々から制作用のサブモニター兼リスニング用にと、気になっていた。
http://www3.jvckenwood.com/audio_w/hifi/sx-wd30/

sx-wd30

自宅に所謂AVアンプしかなかったので、TEACのお手頃プリメインアンプA-R630MKIIもセットで調達。
http://teac.jp/product/a-r630mkii/

CDプレイヤーをつないだりはしない予定なので、数千円の中華アンプでも良いかなと思ったのだけど、結果的にそこまではケチらなくて良かった。理由は後述。
ウッドコーンについて詳しくは
http://www3.jvckenwood.com/audio_w/woodcone/index.html
に説明があるので割愛。個人的にはその素材よりもリーズナブルなワンウェイスピーカーであることが購入の決め手だ。

結論から感想を言うと、
「素晴らしい。サブどころか作曲用ならメインとしても積極的に使える(かも)」。

この小さなサイズ感もあり ”中域の解像度・透明感はあるが上下(特に下の低域)が詰まった音” を想像していた。メインモニターと比較しやすい、極端な出音の違いがあると思い込んでいたのだが、良い意味での誤算があった。

スペック上の再生周波数は55Hz~20,000Hzとなっていることからも、上から下までちゃんと出る。さすがに大音量を突っ込むとサイズなりの限界は来るが、6畳~8畳くらいの部屋で日中普通にリスニング用途で鳴らす分には十分なレンジと出力があると言っていい。
家電量販店などでコンポにつないだ「素の状態」で出た音を聴いていると、ひょっとすると低音が極端に弱いのではないかと思うほど、「シャリシャリ」な高域寄りの出音なのだが、アンプ側で低音を少しブーストすれば、歪むことなくちゃんと出る。

自分の場合、TEACのプリメインアンプのEQで、「ベースを+1」「トレブルを-2」するとちょうどいいバランスになる。モニスピ的なフラットに近い。補正後なお高域にシャリシャリ感はあるものの、「作曲用なら」モニタースピーカーとして積極的に使えるバランスだと思う。もちろん中高域の解像度は補正後も依然として素晴らしい。
(DTM用の通常のパワーアンプに素で繋ぐと、あまりにも高域が尖りすぎてバランスの悪いスピーカーに感じるかもしれない。補正機能がついていない中華アンプも同様。あくまでEQ補正前提で使うのが良いと思う)

A-R630MKII
※写真はBASSを+2してますが+1くらいが良いかも

●ワンウェイならではの位相の良さ ●解像度の高さ ●サイズから想像する以上の周波数レンジ…など、ネガティブチェックやリスニング用途だけでなく作曲時にどんどん使っていってもいいんじゃないかと思うほど優れた点が多い。

プリメインアンプとスピーカー、あわせて4~5万程度。
同価格でサブ用にモニタースピーカーを1ペア買うよりずっと費用対効果が高い。

以上

studio porn

studioporn_201403_1

フルHD2画面の快楽

最近のDAWやプラグインは情報量も多く、シングルウィンドウ方式のLogicやStudioOne、SonarといったDAWでもフルHD1画面では窮屈に感じることが多い。トラック数やインサートするプラグインの数が大量に増えてくると、一度に出来る限り多くの情報を俯瞰したくなる。
また、今年3月末にリリースされる(私も導入予定の)BitwigなるDAWは、機能的にも情報量的にも2画面推奨のように思える。
ということで、フルHD2画面体制にセッティングしなおした。

27インチ2560×1440という選択肢もあったがこの大きさのモニタの価格がまだまだ高いのと、全体サイズが大きすぎるとセッティングの仕方に限りが出てくるだろうということで、今あるフルHD液晶に同じサイズのものをもう1枚追加することにした。この方が横の表示領域はもちろん広い。

とはいえ、この選択ですら相当長期間の逡巡があり、

  • 横2枚にしてその両脇にモニターSPを設置すると左右が開きすぎて音が把握しづらくなる
  • 縦2枚にすると頻繁に上の1枚を「見上げる」形になり姿勢的に厳しい

この二つでずいぶん悩んだ。

その結果、
studioporn_201403_1

こうなった。
横2枚。
単にモニターSPをディスプレイより上に配置して若干下を向ける、というだけのものだが…。
もちろん、1枚のディスプレイの両脇後方少しはなれた場所のSPスタンドにしっかりと設置し、シンプルな構成にした方が音は良い。SPと人を三角形で結べる位置に配置しSPのツィーターが耳の高さにくるように、という定番のセッティングが音が一番良いのだ。
ただ、部屋の狭さやその他の機材設置の関係上、あらゆる試行錯誤を経由した結果この選択しかなかった。

studioporn_201403_2

左にメインのトラック画面、右にプラグインウィンドウとミキサー&MIDIノート編集と波形を置いている。

トラック数が増えてきたときに、ミキサーやMIDI編集画面を閉じたり開いたり、あるいはトラック表示を縮小したり拡大したりと、頻繁に操作する必要があったのだが、これだけ表示領域が増えるとプロジェクトがある程度の大きさになるまでは最低限の操作だけで良い。

見た目はそうとう悪いが、とりあえず作業効率は格段に良くなった。

ちなみにモニターSPが3つあるが、使い分けは以下の通り。
・ADAM A5 ・・・メイン。
背面スイッチでローをグッと抑えてる(おそらく私のカンではこれが「フラット」なf特)
一般的な「低域がしっかりと鳴らないリスナー環境」を想定しつつ、楽曲の輪郭を確実に形作るために使用する。
・RCF AYRA ・・・サブ。
主にベースラインを追うときに切り替えて使うのと、
クラブやオーディオシステムのある部屋のように、50Hz以下がバンバン鳴るような環境でどのように聴こえるかを確認。
・TASCAM VL-M3 ・・・サブのサブ。
いわゆるラジカセチェック。しょぼいPCスピーカーでも曲の輪郭がかろうじて把握できるように最終調整用。

★おすすめモニタースピーカー

RCF Ayra5

RCF Ayra 5(Five) – Product Review(その後)

※一部訂正しました

以前、RCFのモニタースピーカーについてレビューを書いたけど、エージングのせいなのか耳が慣れてきたのか、極めて印象が良くなってきた。
検索でも上位にあがることが多いようで、ネガティブな印象を受けないように補足しておきたい。

デスクの後方にあるスピーカースタンドの上にMoPadを置き、その上に設置することで、なんとかバランスを整えた。
Mopadの吸音効果もあるが、この下までグンと伸びる帯域特性のバランスを保つには、ある程度の距離を取りつつそれなりの音量を突っ込む必要があるようだ。

このように書いた通り設置しているのだが、ポイントは

  • 「左右」の距離をできるだけ広げる/内側に向けすぎない
  • 音量を出来るだけ出す(小音量でモニターしない)
  • 通常のインシュレーター3~4点設置ではなくMopadで思い切って吸音する
    (訂正:Mopadでは輪郭がぼやける印象があり、
    御影石やブロック、インシュレーターの組み合わせを試しています)

かなと思う。
フロントバスレフの形状のせいなのか、低域の音像がワイドな印象があり、左右の可聴領域(?)を狭めれば狭めるほど、ローが塊になって飛び込んでくる。
外に向ける必要はないが、音が左右にきっちりと放射するような音像を描かせるのが肝かと。
また、以前にも書いたように音が小さいと、ボーカルなどの中域がぐっと引っ込んだような真ん中が凹んだ特性になる。
これらをちゃんとクリアすると、しっかりとしたビートやベース、特にサブローが含まれるような帯域が入りつつボーカルがあるものでも、見通しが良くなった。

ビートミュージックを作る際は、ADAM A5ではベースやキックに関してはバランスを取るのが異常に難しく、やはりこういうモニター環境がないと厳しいのだ。
(サブウーファー導入というのも考えたが、このサイズだと繋がりが悪くなるのでやめた経緯がある)

どちらかというとネガティブな印象をもってしまっていたAyraだが、音量を出せる時間帯であれば僕はAyraを活用している。
低域のことばかり書いているが、解像度や定位はモニターSPとして合格(※)だと思うし、ハイアットやスネアなどの高域はソフトで耳疲れしないながらも帯域としてはちゃんと出ている。

(※追記・・・やはりこの価格帯だけあって、声の倍音成分やコンプの当たりによる変化、リバーブの残響などはわかりづらいです汗)

ADAMのようにリボンツィーター独特の高精細で情報量の多いものではないが、他の環境で聴いたときのことが想像できる「まとまった音」が聴こえてくる。
個人的には、少なくとも曲作りや自分でミックスをやる分には価格も含めてよい選択ではないかと思う。
同じようなサイズのYAMAHAのMSP5やHS5と比べるならAyraを推したい(※)。

(※追記・・・IK multimediaのARCなどを使わない限りローを抑えることは出来ないので、フラットさに拘るならYAMAHAの方がよいかもです汗)

【結論】お金があるならADAM(FシリーズはNG)FOCAL/GENELEC/EVE/KRK(廉価なほうではなくVXT)を買いましょう

RCF Ayra5

Native-Instruments-TRAKTOR-KONTROL-Z1

Native Instruments TRAKTOR KONTROL Z1

Native-Instruments-TRAKTOR-KONTROL-Z1

新たに導入。もちろんDJ用。
DJの機会はほとんど無いんだけどたまに家でも気分転換にやりたくなる。
まずはiPadのTRAKTOR DJでしか試していないけど、
接続も簡単に認識されるし動作も安定していて好感。
フェーダーやノブの動きはしっかりアプリに反映するし、
レイテンシーみたいなものは感じなかった。

曲選択まで本体側で出来ればいうことがないのだけど、
iPadならタッチしながら選べるのでまあ良いかなと思う。
基本的にEQとフィルター操作のノブのみで、
エフェクトのコントロールまではできないので、それはiPad側で行う。
iPad側のエフェクトコントロールがX-Yパッドになっているので、
ノブで操作するより直感的で良い。
2万円で買える機材としては十分な機能性と安定性ではないかと思う。

ただ、残念ながらこの値段でオーディオI/FとMIDIコントロールを兼ね備えていることもあり、
出音はいまひとつかな。
若干ネムい音なのと、低音が音痩せする印象がある。
もちろんこれはTRAKTOR DJ側の問題もあるだろう。
出音にデリケートな方は新しくでるS2やS4の新型、
もちろん大きくて高価だけどそちらにした方がいいだろう。

OberheimSEMV_package

Arturiaで初めてグっときたソフトシンセ Oberheim SEM V

OberheimSEMV_package

ArturiaはMoogやProphetなど様々なヴィンテージアナログシンセのエミュレーションを出しているが、個人的なイチオシはこのOberheim SEM Vだ。
以前フリーで配布されていた機能制限版のMoogしか普段は使っていないし、他のソフトはデモを聴いただけなので、さほど同社の製品に詳しいわけではないのだが、Moogはちょっとがっかりする出音だ。確かに質感はかなりいい線までエミュレートできているのだが、オシレータの倍音成分やエンヴェロープの追従やフィルターの粘りについては、「なんちゃって感」がどうしても否めない。というか実機をそのまま使ったことがあるわけではないのだが、とにかく出音が「グッとこない」のだ。

実機を使ったことがない、という意味ではこのOberheim SEM Vも同様ではあるものの、若干乾いたようなオシレータの音やフィルターのえぐり方がエミュレートしやすかったのか、とにかくいい音が出る。どういじってもいい音だ。ベース系は若干低域に迫力がないのだが、EQで補完すれば十分に使える。リードやパッドはアナログ感もありつつ存在感のある音色がすぐに作れるし、なんちゃって感も希薄。
あまりにも出来がよいので、このOberheimからエンジンが変わったのではないかと思うほどなのだが、どうだろうか。
とにかくおすすめの一品。

RCF Ayra5

RCF Ayra 5(Five) – Product Review

こちらに続編を書きました。

RCF Ayra5

普段、モニタースピーカーにはADAMのA5を使っている。
5インチクラスの中ではとても素晴らしいスピーカーなので大きな不満があるわけではないのだが、リボンツィーター独特の高域の情報量の多さや(情報量が多いのでいくらでも詰め込めるような錯覚を覚える)、50Hz付近から急峻にロールオフしていて全く聴こえないといっていいほど低域不足なので、ほかのスピーカーを試してみたかった。

以前からPA機器では良く知られているイタリアのRCFというメーカーが出しているエントリークラスのモニター「Ayra」が気になっていたのだが、先日格安で売られていたので試聴もせずに購入してしまった。
その出音に関して結論から言うと「ロー出過ぎやろ」。
低域に量感があるというのは雑誌やネットのレビューを見て知っていたのだが、かなり派手にミッドローが飛び出している印象。
僕が今まで聴いたこのサイズのスピーカーではほぼ出なかった40Hz付近の音がちゃんと出ているのは素晴らしいのだが、その上の帯域がグっと持ち上がり過ぎていてミッドがマスキングされてしまう。
ツィーターの音はADAMと比較しても非常に柔らかい出音で、長時間作業していても疲れないのが好印象だったのだが。

A5は、夜中に作業することも多くディスプレイの両脇にISO Acousticsのスタンド上に設置しているが、Ayraをこれと同じセッティングにすると、近接効果も相まってあまりにも迫力のある重心の低い出音になってしまう。
結局、デスクの後方にあるスピーカースタンドの上にMoPadを置き、その上に設置することで、なんとかバランスを整えた。
Mopadの吸音効果もあるが、この下までグンと伸びる帯域特性のバランスを保つには、ある程度の距離を取りつつそれなりの音量を突っ込む必要があるようだ。

できればメインに差し替えたかったのだが、サブのモニターとして使うことになった。
ひょっとするとIKのARCを導入して補正を行えばかなりいい線いくのではないかと思うのだが、それはまた後日。
色々な音源を鳴らしてみた印象では、サブローの帯域はそのままに、110~120Hz付近の音をもう少し抑えると良いバランスになるのではと思っている。