JVCのウッドコーンスピーカー SX-WD30 が最高だった

JVCのウッドコーンスピーカー SX-WD30を導入。前々から制作用のサブモニター兼リスニング用にと、気になっていた。
http://www3.jvckenwood.com/audio_w/hifi/sx-wd30/

sx-wd30

自宅に所謂AVアンプしかなかったので、TEACのお手頃プリメインアンプA-R630MKIIもセットで調達。
http://teac.jp/product/a-r630mkii/

CDプレイヤーをつないだりはしない予定なので、数千円の中華アンプでも良いかなと思ったのだけど、結果的にそこまではケチらなくて良かった。理由は後述。
ウッドコーンについて詳しくは
http://www3.jvckenwood.com/audio_w/woodcone/index.html
に説明があるので割愛。個人的にはその素材よりもリーズナブルなワンウェイスピーカーであることが購入の決め手だ。

結論から感想を言うと、
「素晴らしい。サブどころか作曲用ならメインとしても積極的に使える(かも)」。

この小さなサイズ感もあり ”中域の解像度・透明感はあるが上下(特に下の低域)が詰まった音” を想像していた。メインモニターと比較しやすい、極端な出音の違いがあると思い込んでいたのだが、良い意味での誤算があった。

スペック上の再生周波数は55Hz~20,000Hzとなっていることからも、上から下までちゃんと出る。さすがに大音量を突っ込むとサイズなりの限界は来るが、6畳~8畳くらいの部屋で日中普通にリスニング用途で鳴らす分には十分なレンジと出力があると言っていい。
家電量販店などでコンポにつないだ「素の状態」で出た音を聴いていると、ひょっとすると低音が極端に弱いのではないかと思うほど、「シャリシャリ」な高域寄りの出音なのだが、アンプ側で低音を少しブーストすれば、歪むことなくちゃんと出る。

自分の場合、TEACのプリメインアンプのEQで、「ベースを+1」「トレブルを-2」するとちょうどいいバランスになる。モニスピ的なフラットに近い。補正後なお高域にシャリシャリ感はあるものの、「作曲用なら」モニタースピーカーとして積極的に使えるバランスだと思う。もちろん中高域の解像度は補正後も依然として素晴らしい。
(DTM用の通常のパワーアンプに素で繋ぐと、あまりにも高域が尖りすぎてバランスの悪いスピーカーに感じるかもしれない。補正機能がついていない中華アンプも同様。あくまでEQ補正前提で使うのが良いと思う)

A-R630MKII
※写真はBASSを+2してますが+1くらいが良いかも

●ワンウェイならではの位相の良さ ●解像度の高さ ●サイズから想像する以上の周波数レンジ…など、ネガティブチェックやリスニング用途だけでなく作曲時にどんどん使っていってもいいんじゃないかと思うほど優れた点が多い。

プリメインアンプとスピーカー、あわせて4~5万程度。
同価格でサブ用にモニタースピーカーを1ペア買うよりずっと費用対効果が高い。

以上

studio porn

You may also like...