RCF Ayra 5(Five) – Product Review(その後)

※一部訂正しました

以前、RCFのモニタースピーカーについてレビューを書いたけど、エージングのせいなのか耳が慣れてきたのか、極めて印象が良くなってきた。
検索でも上位にあがることが多いようで、ネガティブな印象を受けないように補足しておきたい。

デスクの後方にあるスピーカースタンドの上にMoPadを置き、その上に設置することで、なんとかバランスを整えた。
Mopadの吸音効果もあるが、この下までグンと伸びる帯域特性のバランスを保つには、ある程度の距離を取りつつそれなりの音量を突っ込む必要があるようだ。

このように書いた通り設置しているのだが、ポイントは

  • 「左右」の距離をできるだけ広げる/内側に向けすぎない
  • 音量を出来るだけ出す(小音量でモニターしない)
  • 通常のインシュレーター3~4点設置ではなくMopadで思い切って吸音する
    (訂正:Mopadでは輪郭がぼやける印象があり、
    御影石やブロック、インシュレーターの組み合わせを試しています)

かなと思う。
フロントバスレフの形状のせいなのか、低域の音像がワイドな印象があり、左右の可聴領域(?)を狭めれば狭めるほど、ローが塊になって飛び込んでくる。
外に向ける必要はないが、音が左右にきっちりと放射するような音像を描かせるのが肝かと。
また、以前にも書いたように音が小さいと、ボーカルなどの中域がぐっと引っ込んだような真ん中が凹んだ特性になる。
これらをちゃんとクリアすると、しっかりとしたビートやベース、特にサブローが含まれるような帯域が入りつつボーカルがあるものでも、見通しが良くなった。

ビートミュージックを作る際は、ADAM A5ではベースやキックに関してはバランスを取るのが異常に難しく、やはりこういうモニター環境がないと厳しいのだ。
(サブウーファー導入というのも考えたが、このサイズだと繋がりが悪くなるのでやめた経緯がある)

どちらかというとネガティブな印象をもってしまっていたAyraだが、音量を出せる時間帯であれば僕はAyraを活用している。
低域のことばかり書いているが、解像度や定位はモニターSPとして合格(※)だと思うし、ハイアットやスネアなどの高域はソフトで耳疲れしないながらも帯域としてはちゃんと出ている。

(※追記・・・やはりこの価格帯だけあって、声の倍音成分やコンプの当たりによる変化、リバーブの残響などはわかりづらいです汗)

ADAMのようにリボンツィーター独特の高精細で情報量の多いものではないが、他の環境で聴いたときのことが想像できる「まとまった音」が聴こえてくる。
個人的には、少なくとも曲作りや自分でミックスをやる分には価格も含めてよい選択ではないかと思う。
同じようなサイズのYAMAHAのMSP5やHS5と比べるならAyraを推したい(※)。

(※追記・・・IK multimediaのARCなどを使わない限りローを抑えることは出来ないので、フラットさに拘るならYAMAHAの方がよいかもです汗)

【結論】お金があるならADAM(FシリーズはNG)FOCAL/GENELEC/EVE/KRK(廉価なほうではなくVXT)を買いましょう

RCF Ayra5

You may also like...