[Review] WOODMAN – One Loop Beyond

woodman_oneloopbeyond

2013年のベスト3を挙げろと言われれば間違いなくこの1枚が入るだろうなと、
リリースの時点で思った作品。
QY70とHDRだけで制作しているという前知識なく聴いたのだが、
そのプリミティブに一音一音を放り投げてくるような独特の音色とビートに
とにかく恐れ入った。

ひょっとすると同じような意見を持つ方もおられるかもしれないが、
今の時代のアーティストで近いのはActressではないかと思う。
世代も違えば目指す表現も全く異なるだろうが、
音質も含め、音の重ね方やグルーヴの組み方、
そして何よりもそこで描かれる世界観、
それらすべてが2013年の現時点で「正解」とされているセオリーから
遠く離れたところにある。

おそらく膨大な音楽を聴いてきたであろう本人の、
蓄積されたナレッジから限りなく自由であろうとする音。
瞬時にして時代やジャンルを横断して多くの音にアクセス可能な今の時代にあっても
こんな風に音を奏でることのできる人はそういないだろうと思う。

You may also like...