Tag Archives: レビュー

Senking - Capsize Recovery

[Review] Senking – Capsize Recovery

Senking - Capsize Recovery

Raster-Nortonからの新作。
ラップトップを使わないミュージシャンとのこと。
その話を聞くまでもなくアナログシンセベース全開な重心の低いサウンドからそれとわかる。
エンヴェロープのなまりやフィルターの質感なども、あえてそれとわかる音色を選んでいるように思える。
シンプルに刻むビート、メロディ感希薄なシンセと深く緻密な残響処理で飽きることなく聴かせてしまう。
低域にかなりのエネルギーが詰め込まれたサウンドだけど、破綻することのないミックス/マスタリングも参考になった。

Todd Edwards - Prima Edizione

[Review] Todd Edwards – Prima Edizione

Todd Edwards - Prima Edizione

たまには旧譜を。
ハウスミュージックの重鎮、Todd Edwardsの1stアルバム。1999年。
DaftPunkがフィーチャリングしたりBoilerRoomなんかにも出てるから若い人も知ってると思うんだけど
日本ではあまり言及する人がいない。
エディット感覚には時代特有の粗さみたいなものも感じるけど、
僕はこのアルバムに今でも大いに鼓舞される。


Theo Parrish's Black Jazz Signature

[Review] Theo Parrish’s Black Jazz Signature

Theo Parrish's Black Jazz Signature

※レビューすんの大変なので買って聴いてよかったやつをメモっていくだけにします

デトロイト・シーンを牽引し続けるセオ・パリッシュによるブラック・ジャズの新解釈。

1. Doug Carn – Trance Dance From the album “Spirit Of The New Land” BJQD/8 (1972)
2. Gene Russell – My Favorite Things From the album “Talk To My Lady” BJQD/11.1. (1973)
3. The Awakening – March On From the album “Mirage” BJQD/15 (1973)
4. The Awakening – Convulsions From the album “Hear, Sense And Feel” BJQD/9 (1972)
5. The Awakening – Jupiter From the album “Hear, Sense And Feel” BJQD/9 (1972)
6. Calvin Keys – Criss-Cross From the album “Shawn-Neeq” BJQD/5 (1971)
7. Rudolph Jonson – The Highest Pleasure From the album “The Second Coming” BJQD/11 (1973)
8. Walter Bishop Jr. – Those Who Chant From the album “Keeper Of My Soul” BJQD/14 (1973)
9. The Awakening – Mirage From the album “Mirage” BJQD/15 (1973)
10. Calvin Keys – B.E. From the album “Shawn-Neeq” BJQD/5 (1971)
11. Rudolph Jonson – Time And Space From the album “The Second Coming” BJQD/11 (1973)
12. Walter Bishop Jr. – Blue Bossa From the album “Keeper Of My Soul” BJQD/14 (1973)

Atom™ - HD

[Review] ATOM™ – HD

Atom™ - HD

遅れ馳せながら拝聴。

変調控えめなプリセット感のあるチープなグリッチビートとボイス、
聴き手のイマジネーションによる補完を促すために必要十分に配置された空間、
そして、アイロニーとシニズムで出来ている。
秀作。

そして、
このネジレ感とブレ、
引用するエレメント、
シーンとの距離感、
すごく共感できる。

The Field - Cupid's Head

[Review] The Field – Cupid’s Head

The Field - Cupid's Head

スウェーデン・ストックホルム出身のプロデューサーAxel WillnerによるプロジェクトThe Field。
Kompaktからリリースされた新作はコンピュータを一切使わずにハードウェアのみで制作されたとのこと。

importCD 国内盤CD アナログ MP3

Songs and Dances of Nepal

[Review] Songs and Dances of Nepal (V.A.)

Songs and Dances of Nepal

詳細はちょっと把握しきれていないのだが、その名の通りネパール土着の音楽を現地に遠征してレコーディングされたもの。1958年の録音。普段「音楽を聴いて音楽のアイデアが湧く」なんてこと、もうほとんどないんだけど、こういうのを聴くと少し鼓舞される。もちろん、こいつをサンプリングしたら面白いよね、なんていう、単純な話ではないです。というかそういうのはもういいでしょう。

Physical Digial(mp3)